ざりざりの日記

旅行が好きな一児の母です。多趣味なので色々なこと書きます。

痛みがNGな私が【無痛分娩】で産んだら最高だった

 

旅行好きな30代の一児の母です。人生で初めて第一子を出産したのですが、痛みが苦手な私が経験した出産が最高だったのでblogに残したいと思います。

※あくまで個人の感想です。参考になれば幸いです。

赤ちゃん

生後数日の赤ちゃん

とにかく痛いのが嫌だった

最初に無痛分娩に興味を持った理由は出産に対して【痛いのが嫌&なんか怖い】というイメージがあったからです。

妊娠中期頃になると「どんなお産にしたいか」や「出産の種類」について考える機会があったのですが、考えに考え調べに調べた結果、私はとにかく

痛みが少ない出産がしたい!できれば痛みなし!

というのが第一希望でした。

とにかく痛みに弱いので、妊娠中からビビっていました。

第一子で無痛分娩はどうなのか

初めての出産を無痛分娩ですると

出てきにくいや麻酔が切れて無痛分娩じゃなくなる

といった話は本当にあります。そういった話も頭に入れつつ選択されると良いと思います。また、対応は病院やクリニックでも違いますので、「どんな無痛分娩なのか」マストで質問した方が良いです。いきめなくなるのを避けるため少し痛みを残す【無痛分娩】や完全に痛みをなくしてくれる【無痛分娩】があります。

無痛分娩を選択する際の大切にしていたポイント

・24時間麻酔師さんが対応しているか

・麻酔師さんの経歴

・麻酔が効かなかった時の対応はどうなるか

・近くに救急で行ける病院はあるか

出産前に不安要素があるとしたらざっくりこんな感じでした。私の場合は上記のポイントがクリアしていたので、安心して出産までの日々を過ごしました。

クリニックや病院によっては24時間麻酔師さんが対応していないところもあるので、【計画無痛分娩】でないと【無痛分娩】ができない可能性もあります。

どんな無痛分娩だったか

私は【計画無痛分娩】ではなく【無痛分娩】をしました。

【計画無痛分娩】・・・事前に入院する日にちを決めて麻酔を入れて出産する

【無痛分娩】・・・自然に陣痛が来るのを待ち、麻酔を入れて出産する

計画無痛分娩にしなかった最大の理由は、第一子だったから。最初に陣痛促進剤を入れて、陣痛がきてから麻酔を入れる流れなのですが、なかなか出てこず麻酔が切れてしまう可能性が大なのです。無痛分娩を選択しているのに無痛分娩ができなくなるリスクを少しでも避けたかったので、自然に陣痛を待ってから無痛分娩を行いました。

出産当日

前日のお昼頃から前駆陣痛が来ており、翌日の夜中に陣痛が来ました。

前駆陣痛はめちゃくちゃお腹を下したような感じで、陣痛は今まで感じたことのない痛みでしたが呼吸で大丈夫な感じでした。陣痛は波があるので、正しい呼吸法を習得すると、そこまで痛くなかった印象です。

明け方に診察

「陣痛きてますね」

入院(2時間ほどベッドでゴロゴロ)

陣痛がもう少し欲しかったので陣痛促進剤と麻酔を点滴してもらう

割とすぐに無痛になりルンルンでベットで寝転がる

目線の先に陣痛カウンターのようなモニターがあるので陣痛の波を確認

波が上に上がるタイミングでいきむ(看護師さんがサポートしてくれます)

勿論麻酔が効いているので痛みはない

途中で少し痛みが出てきたので麻酔を追加してもらう(それからは本当に無痛)

何度か繰り返す

出産

産んですぐは?

麻酔が効いていたので産後数時間は痛みや違和感を何も感じることなく、ただただ腕の筋肉を使った感覚だけがありました。ベッドのバーを掴んでいきむので、腕の筋トレはやっておくべきだったと学びました。

生まれたての赤ちゃんを可愛がる余裕や写真を撮る余裕もあったので、出産を満喫したのを思い出します。また、当日から普通に電話やLINEもできるくらい元気がありました。結果、陣痛以外は本当に痛くない出産を経験しました。

産後ロキソニンを飲むので、下の痛みは多少緩和されます。数日で痛みは消えるので、感覚的に味わったダメージは10%といったところでしょうか。

お産には色々な方法があり、個人の環境や体質によって変わってきます。あくまで一個人の経験談を語らせていただきました。無痛分娩に興味がある方の参考になれば嬉しいです。